nginxでNextcloudを動かす

前の『CentOS8にnginxとかを入れた環境』にNextcloudをインストールします。

とりあえずrootを取りましょう。

su

Nextcloudをダウンロードして解凍する

Nextcloudの公式サイトにアクセスして、最新版のソフトウェアをDLします。

https://nextcloud.com/install/

dnf install wget
dnf install unzip

wgetをインストールしてから、nextcloudをDLします。

wget https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-17.0.2.zip

バージョンは今の最新版なので、自分でインストールしてください。

unzip nextcloud-17.0.2.zip

nginxの公開しやすい場所に移動させ、パーミッションを変更します。

mv nextcloud /usr/share/nginx/
 chown nginx:nginx /usr/share/nginx/nextcloud/ -R 

MariaDBの設定

MariaDBにrootでログインします。

 mysql -u root -p 

nextcloudのデータベースを作成します。

CREATE DATABASE nextcloud DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_general_ci; 

nextcloudのユーザーを作成します。太文字ののUSERNAMEPASSWORDを自分の好きなものに変更してください。’PASSWORD’の点々は消さず、中に書いてください。

CREATE USER USERNAME@localhost IDENTIFIED BY 'PASSWORD'; 
 GRANT ALL PRIVILEGES ON nextcloud.* TO USER@localhost; 

最後に適用してMariaDBから出ましょう。

flush privileges; 
exit; 

Nginxの設定とNextcloudの設定

/etc/nginx/conf.d/にnextcloud.confを作成して、nginxの設定を書き込みます。

nano /etc/nginx/conf.d/nextcloud.conf 

server_nameには自分のドメインを入力するとよいでしょう。

server {
    listen 80;
    server_name ドメイン名;

    # Add headers to serve security related headers
    add_header X-Content-Type-Options nosniff;
    add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
    add_header X-Robots-Tag none;
    add_header X-Download-Options noopen;
    add_header X-Permitted-Cross-Domain-Policies none;
    add_header Referrer-Policy no-referrer;

    #I found this header is needed on Debian/Ubuntu/CentOS/RHEL, but not on Arch Linux.
    add_header X-Frame-Options "SAMEORIGIN";

    # Path to the root of your installation
    root /usr/share/nginx/nextcloud/;

    access_log /var/log/nginx/nextcloud.access;
    error_log /var/log/nginx/nextcloud.error;

    location = /robots.txt {
        allow all;
        log_not_found off;
        access_log off;
    }

    # The following 2 rules are only needed for the user_webfinger app.
    # Uncomment it if you're planning to use this app.
    #rewrite ^/.well-known/host-meta /public.php?service=host-meta last;
    #rewrite ^/.well-known/host-meta.json /public.php?service=host-meta-json
    # last;

    location = /.well-known/carddav {
        return 301 $scheme://$host/remote.php/dav;
    }
    location = /.well-known/caldav {
       return 301 $scheme://$host/remote.php/dav;
    }

    location ~ /.well-known/acme-challenge {
      allow all;
    }

    # set max upload size
    client_max_body_size 512M;
    fastcgi_buffers 64 4K;

    # Disable gzip to avoid the removal of the ETag header
    gzip off;

    # Uncomment if your server is build with the ngx_pagespeed module
    # This module is currently not supported.
    #pagespeed off;

    error_page 403 /core/templates/403.php;
    error_page 404 /core/templates/404.php;

    location / {
       rewrite ^ /index.php$uri;
    }

    location ~ ^/(?:build|tests|config|lib|3rdparty|templates|data)/ {
       deny all;
    }
    location ~ ^/(?:\.|autotest|occ|issue|indie|db_|console) {
       deny all;
     }

    location ~ ^/(?:index|remote|public|cron|core/ajax/update|status|ocs/v[12]|updater/.+|ocs-provider/.+|core/templates/40[34])\.php(?:$|/) {
       include fastcgi_params;
       fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.*)$;
       fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
       fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
       #Avoid sending the security headers twice
       fastcgi_param modHeadersAvailable true;
       fastcgi_param front_controller_active true;
       fastcgi_pass unix:/run/php-fpm/www.sock;
       fastcgi_intercept_errors on;
       fastcgi_request_buffering off;
    }

    location ~ ^/(?:updater|ocs-provider)(?:$|/) {
       try_files $uri/ =404;
       index index.php;
    }

    # Adding the cache control header for js and css files
    # Make sure it is BELOW the PHP block
    location ~* \.(?:css|js)$ {
        try_files $uri /index.php$uri$is_args$args;
        add_header Cache-Control "public, max-age=7200";
        # Add headers to serve security related headers (It is intended to
        # have those duplicated to the ones above)
        add_header X-Content-Type-Options nosniff;
        add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
        add_header X-Robots-Tag none;
        add_header X-Download-Options noopen;
        add_header X-Permitted-Cross-Domain-Policies none;
        # Optional: Don't log access to assets
        access_log off;
   }

   location ~* \.(?:svg|gif|png|html|ttf|woff|ico|jpg|jpeg)$ {
        try_files $uri /index.php$uri$is_args$args;
        # Optional: Don't log access to other assets
        access_log off;
   }
}

nginxの設定をチェックします。

nginx -t

これで、OKと出てきたら完成です。

nginxを再起動しましょう。

systemctl restart nginx

PHPモジュールをインストールする

dnf install php-common php-gd php-json php-curl php-zip php-xml php-mbstring php-bz2 php-intl 
systemctl reload php-fpm 

これで設定したドメインを入力するとNextcloudが起動します。

Certbotで経路暗号化を施す

そのままでもNextcloudにアクセスできますが、平文での通信です。今の時代、平文はお勧めできません。

Certbotを使って強制的にHTTPSを使いましょう。

下記のページにCentOS8とnginxでのCertbotの使い方が載っているので、それ通りに設定するとよいでしょう。

https://certbot.eff.org/lets-encrypt/centosrhel8-nginx

最後の設定

データを保存するフォルダを作ります。

私はWebルートフォルダにデータフォルダを作るのはセキュリティ的に良くないと思っているので、次のように設定します。

mkdir /usr/share/nginx/nextcloud-data 

パーミッションを変更します。

chown nginx:nginx /usr/share/nginx/nextcloud-data -R 

あとは、ブラウザでインストールしたNextcloudにアクセスし、管理者アカウント、データフォルダの場所、データベースの設定を行い、設定は終了です!

ちょっとしたつまづき

いままで、何台かのサーバーにNextcloudをインストールしてきましたが、今回インストールした際に『ログイン画面で永遠にリダイレクトされる』という不具合に遭遇しました。

解決策として、次のページが見つかりました。

https://help.nextcloud.com/t/nextcloud-endless-redirect-on-login/15104/2

つまり、phpのパーミッションを緩くすることによって解決しているっぽいですね

chmod -R 777 /var/lib/php/session