【結論】Y○utubeの動画広告を見ないようにする方法 一覧

人生の時間というものは限られており、できるだけ有効活用したいものです。

グーグルが運営する動画サイトは多くのユーザが利用しており、楽しい動画や為になるモノが沢山ありますが、最近になって広告が多くなってきたため視聴者の血中コルチゾール濃度は高まるばかりです。

自分の関心がある領域の映像を見ている途中で関係のない不快な映像を差し込まれるのは誰だって嫌です。そして動画広告は下品で気分を悪くするようなモノもたくさんあります。そんなものは見る必要がない。きっと広告を入れている動画投稿者もそんな広告を見ることが嫌いだと思います。

そこで、数ある広告を見ないようにする手法を一覧にしますので、面白そうなものがあれば、是非実践してみてください。

この手のブログ記事はアフィリエイトを目的として、有料アプリやVPN契約プランを購入させる記事も多く見かけますが、ここでは一切なしです。安全性と確実性を求めてオープンソースなものをあげます。また、筆者はいかなる個人・団体から寄付を受け取ったこともありませんし、そんな人脈ありません。紹介しているソフト開発プロジェクトの回し者でも何でもありませんし、特定のソフトを批判するつもりはありません。あくまで、自分が使ってみて良かったものを上げています。

総合ベスト – uBlock Origin

おなじみの広告ブロッカーです。対応ブラウザも幅広く、広告ブロッカーとしては負荷も少ないので個人的には一番良い選択だと思います。

私はブロックモードを「ハードモード」というサードパーティのスクリプトやフレームを無効化する設定で利用しており、必要なスクリプトがあれば適宜有効化して最小限の通信に抑えたりしています。

もちろんそんなことをしなくても、アドオンをインストールしてフィルタ一覧で有効化されているフィルタを最新版に更新すれば問題ありません。

これでほとんどの広告は遮断されます。

広告ブロッカーを紹介するブログ記事では他のアドオンを紹介されていることも多いのですが、ブロッキングが甘いので、確実性を求めて『uBlock Origin』にしたほうが良いと思います。似たような名前でuBlockというものがありますが、辞めておいた良さそうです…

たまに、広告動画は表示されないが、黒い画面に「動画まであと○秒」が表示されたり、まれに広告が入ってしまうことがあります。ほとんどはブロックリストが古いだけですので、アドオンの設定画面のフィルター一覧タブからすべてのフィルタを更新してください。

自動更新するようになっていますが、たまに更新されていないこともあるので、気がついたときに確認すると良いかもしれません。

PCのChromeやFirefoxなどの主要ブラウザはもちろん、Android版のFirefoxにもインストールすることができます。

Webサービス系ベスト – Invidious

Invidiousとはyoutube専用のWebプロキシサービスが存在します。有志によるサーバが建てられており、そのサーバを経由する事によって、googleのサーバに接続することなくyoutubeの動画コンテンツを視聴することができます。これもオープンソースです。

ちなみにinvidiousでは、javascriptを無効化しても動画を視聴することができますので、玉葱ブラウザとか使ってる人でも動画を見ることができると思います。

デフォルトの設定ではgoogleのサーバと通信するようですが、設定からプロキシを有効化できます。サーバによって速度差が大きいので、適宜最適なサーバを見つけるのが面倒ですが…

サーバによってデフォルトの設定が異なるのですが、広告ブロックだけで良いならば、特に設定には触らなくても良いと思います。。youtubeの動画は『*.googlevideo.com』というドメイン名からDLして視聴できるため、そこから直接見れば広告も出ないっていうわけです。

googlevideo.comに入っているらしい
サーバによってはデフォルトでプロキシが有効になっていることもある

iOS系端末でも動作し、私の環境では「iOS版Firefox+Invidious」で視聴することができました。

ただし、WebUI等は貧弱なのでPCで使いたい方は下記のアプリを通して利用することがおすすめです。

専用アプリ系ベスト – FreeTube

PC用でyoutubeを閲覧する方法はブラウザだけではありません。専用ソフトもあります。FreeTubeはjavascriptで記述されたオープンソースソフトウェアでgithubにすべてのコードが公開されています。

FreeTubeではinvidiousのプロキシを利用することができますので、googleに追跡されたくない過激派でも安心して利用できると思います。私も、wiresharkでパケットを追ってみましたが、プロキシを有効化するとドイツのサーバ経由で動画を視聴することができました。プロキシを無効化するとアメリカのgoogleのサーバ経由の通信でした。

googleアカウントから登録チャンネルをエクスポートしてfreetubeに移動させることもできるらしいです。

また、ブラウザからyoutubeのリンクを踏んだ際に自動的にfreetubeで動画を視聴する「Privacy Redirect」というアドオンがあります。アドオン導入後にアドオン設定画面からGeneralタブで「Invidious Redirects」を有効化し、Advancedタブで「Use FreeTube over Invidious when possible」を有効化すればFreeTubeが自動起動します。結構便利です。

動画のDLや音声の抽出とかもできるらしいです。(見るだけなので使ったことはない)

動画は見るだけ、コメントはしない人には一番良い選択だと思っています。おすすめ動画や関連動画も非表示にすることができるので、ノイズの少ない環境を構築することができます。その分時代に乗り遅れますが。

ちなみに私のFreeTubeの設定は初期値のサーバでプロキシを有効化しています。画質は基本的に480pで十分ですので、問題も発生していません。たまにyoutube自体のアップデートにより、FreeTubeが機能しなくなることもありますが、数日でFreeTubeのアプデが流れてきますので、見れない期間はuBlock Originを入れたブラウザとかで視聴しましょう。

設定画面を晒します。参考にしてください。

データの取得方法もInvidiousのAPIを利用することができますが、重たいのでデフォルトのAPIに設定しています。脱Googleを徹底したい方はこの辺もチェックしたほうが良いでしょう。

たまに、DASH形式だと読み込めない動画もありますので、動画視聴画面のメニューから適宜『旧形式』に変更したりして視聴できます。

Android系ベスト – NewPipe

Androidに限りますが、スマホやタブレットでも動画再生時の広告を阻止することもできます。

youtube公式アプリを使い慣れている人なら普通に使いこなせると思います。私の親も利用していますが、操作系について質問されたことがありません。

プライバシー的には、googleのAPIを使わなかったり、検索などに必要な最低限のデータのみをやり取りするらしいです。

また、バックグラウンド再生も可能ですので、音楽プレイヤー的な使い方もできるかと思います。

このアプリも、googleアカウントで登録チャンネルのエクスポートを行ってからアプリにインポートすることができます。

個人的には最低限度の通信しか行わないという点が一番輝いて見えます。もちろん広告も出ません。

私も利用しており、特に問題も生じていませんが、Google Play Storeには公開されていないアプリ(広告ブロックがGoogle的には規約違反?)ですので、オープンソースですが利用する場合は自己責任でお願いします。インストールする場合はapkファイルからインストールすることになると思いますので、ファイルの出どころはしっかりと確認したほうが良いと思います。アプデはNewPipeアプリ自体から通知が来るので最初だけは慎重になったほうが良いです。

私はgithubのreleaseから落としました。その他公式ドキュメントではF-DroidからもOK[1]らしいです

iOS系ベスト – Safari + Adguard for iOS ※追記2020/9/19

以前にこの記事を書いてから自分で色々模索していたのですが、iOS系ならばデフォルトのブラウザであるSafariとAdguardを用いて広告をブロックすることが可能です。さらに、youtubeの動画広告をバイパス機能も搭載されています。

Adguard自体はオープンソースで開発されており、変な評判は聞きません。

SafariはApple社が開発した非オープンソースなブラウザですが、iOSを既に利用しているということはApple社の非オープンソースなプロジェクトをある程度許容しているという見方も可能ですので、一応おすすめできるという感じにしておきます。なお、Safariに用いられているWebKitはオープンソースです。

Adguard Pro版は有料となっており、DoHの機能やVPNがアプリ単体で利用できますが、iOSの機能でDoHするだけでも十分ですのでAdguardは無料版で問題ありません。

あえてAdguard iOSの残念ポイントを挙げるとすると、Safariにしか対応していないところです。


まとめ

パソコンで見るならば「ブラウザ+uBlock Origin」か「FreeTube」ですかね。Android端末は「NewPipe」か「firefox+uBlock Origin」です。iOS端末ならば「Safari+Adguard」がベストな気がします。

また、Google検索からハブられるんだろうなぁ、、